和歌山県御坊市の歯医者 西馬歯科

御坊駅より徒歩2分

精密なマイクロスコープ(顕微鏡)歯科治療

インプラント

インプラントとは

インプラントとは、体内に埋め込む医療機器や材料の総称です。一般的には、歯科インプラント(デンタルインプラント)の意味で「インプラント」という言葉が用いられることが多いので、以下インプラントという言葉を使用します。
虫歯や歯周病(歯槽膿漏)によって、また外傷によって歯を失うことがあります。また先天的に歯が無い場合があります。そのような歯が無い部位の顎(あご)の骨にインプラント(人工歯根)を埋め、その上に人工の歯冠(クラウン)をかぶせて、人工的に歯を再生させる治療法がインプラント治療です。インプラント治療は、1本の歯がなくなった場合から全部の歯がなくなった場合まで適用できます。

インプラントのイメージ

インプラントの特徴

自分の歯と同じ感覚で食べられる

インプラントは顎(あご)の骨にしっかりと固定されるので、硬い食べ物なども自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。

審美性に優れ、見た目が自分の歯と遜色無い

入れ歯のように、歯を固定する金具が見えることはありませんので、見た目が自然で、お口の中が気になりません。

周りの歯を傷つけない

入れ歯やブリッジでは、周りの歯を使って人工歯を固定させるため、負担がかかってしまいます。
インプラントは周りの歯を傷つけずに治療できます。

歯を失った部分の顎(あご)の骨が痩せない

歯を失った後そのままにしておくと、顎の骨に刺激が無くなり、次第に骨が痩せていってしまいます。
インプラントを埋入することで、噛む力を顎の骨に伝え、骨が痩せるのを防いでくれます。


インプラント治療との比較

インプラント

長所:
  • 審美性が高い。
  • 他の歯をほとんど削る事がない。
  • 自分の歯に近い感覚で噛むことができる。
短所:
  • 体質などによっては治療ができない場合がある。
  • 外科的手術が必要。

ブリッジ

長所:
  • 固定式なので、装着をしても違和感が少ない。
  • 材料を選択すれば天然の歯と遜色のない審美的な修復が可能。
  • 治療期間が比較的短い。
短所:
  • 両隣の歯を削る。
  • 支えになる歯に大きく負担がかかる。
  • 抜けた歯の部分の歯ぐきが、次第にやせてしまうことがある。

義歯・入れ歯

長所:
  • 治療が比較的簡単に受けられる。
  • 比較的費用は安く治療が可能。
  • 治療期間が比較的短い。
  • ブリッジでは適応できないような多数の歯がない場合でも有効。
短所:
  • 装着時に違和感を生じることがある。
  • バネを装着する歯への負担が大きい。
  • 噛む力が比較的出にくい。

インプラント治療の流れ

❶カウンセリング

カウンセリング

患者さんの歯のお悩みや症状、体質などをヒアリングし、必要な検査を行います。

❷診断・治療計画の立案

診断・インプラント治療計画の立案

レントゲン撮影や歯型の採取などでお口の中の状態を確認し、歯並びや顎の関節の状態を診察します。診断結果に基づいて治療計画を立て、ご説明いたします。

❸インプラント手術

インプラント手術

歯が抜けた箇所へ歯根となる部分(インプラント)を埋入します。埋入後、インプラントが顎の骨に固定されるまで待ちます。

❹人工歯の取り付け

インプラント人工歯の取り付け

インプラントが固定されたことを確認できたら、その上から人工の歯をかぶせます。

❺治療完了・メンテナンス

インプラント治療完了・メンテナンス

インプラントをいつまでも安全に使用して頂くために、治療完了後もしっかりとアフターケアを行いながら、定期的に検診を受けるようにして下さい。

西馬歯科の院長 西馬伸幸は、日本口腔インプラント学会の認定を受けた口腔インプラント専門医。 インプラント治療に関する豊富な知識と高い技術を持ち、同学会が行う試験に合格し、症例数などの認定条件をクリアした歯科医師に与えられる資格です。 歯を失ってお困りの方、入れ歯に不具合を感じている方、よろしければ一度ご相談ください。

日本口腔インプラント学会

口腔インプラント専門医の認定証