和歌山県御坊市の歯医者 西馬歯科

御坊駅より徒歩2分

精密なマイクロスコープ(顕微鏡)歯科治療

歯周病治療

西馬歯科の院長 西馬伸幸は、日本歯周病学会の認定医。歯周病治療を大きな柱と位置づけています。

特定非営利活動法人 日本歯周病学会 認定医

歯周病とは

歯の周りには、歯を支えるために必要な様々な組織(歯肉・歯根膜・セメント質・歯槽骨)があります。
歯周病(歯槽膿漏)は、歯の付け根に付着した歯垢の中の歯周病菌が、歯肉や歯を支える骨を破壊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。歯垢に唾液成分の無機質が沈着し、硬く石灰化した歯石は、歯周病菌の温床となります。
はじめは歯周の歯肉に炎症を起こし、出血します。進行すると歯肉溝が深くなっていき、歯がぐらつき、歯の根が見えてきます。そのうちに口臭や出血が酷くなってきり、常時ウミが出てくるようになります。
歯周病は、1本だけでなく多数の歯が一度にかかることがほとんどで、虫歯と違い、痛みなどの自覚症状がなく進行します。
長い間、歯周病のサインを見逃して放置し、歯がぐらぐらになってから来院しても、抜歯しか手段が無いこともしばしばで、いきなり歯を失ってしまうことになりかねません。
また、糖尿病や喫煙などの危険因子が加わると、さらに歯周病の進行を促し、その他の因子と相まって、心筋梗塞などの全身疾患の引き金になるとも言われています。


歯周病の原因

成人が歯を失う一番多い原因は歯周病です。
歯垢とは、口の中で繁殖した細菌がネバネバした物質(プラーク)とともに歯にくっついているもので、細菌のかたまり(バイオフィルム)と呼ばれています。歯垢は次第に硬くなって、歯石となり、歯科医院以外では簡単に取り除けなくなります。
それ以外にも、糖尿病などの全身の病気や、喫煙などの生活習慣が、歯周病を引き起こすきっかけとなったり、悪化させる原因になったりしています。歯周病は細菌感染症で、歯垢を長期間放置する事で、バイオフィルムという細菌集団の膜が歯に強固に付着し、歯周病を進行させます。


歯周病治療の流れ

❶ブラッシング指導

歯周病のブラッシング指導

歯周溝にプラークが溜まると、自力ではなかなか落とせません。歯に付着し始めたプラークをしっかり落とす日頃の歯磨きこそが歯周病治療の第一歩。 ご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。

❷スケーリング(歯石除去)

歯周病のスケーリング(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリンやカルシウムが混じって石灰化したもので、強い病原性を持っています。歯石を取り除き、歯面をツルツルの状態にし、プラークが付着しにくい状態にします。

❸フラップオペレーション(付着療法)

歯周病のフラップオペレーション(付着療法)

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い箇所はスケーリングだけでは歯石を除去できません。歯肉を外側に開いて歯根を露出させ、細かい部分まで歯石や感染しきった歯茎をを取り除きます。

❹歯周組織再生誘導

歯周病によって破壊された骨は通常再生することはありませんが、フラップオペレーションに加えてゴアテックスやコラーゲンなどの膜を貼り付けたりエナメルマトリックスと呼ばれるたんぱく質を塗布することで、歯周組織の再生を促進させることができます。
これは骨も再生できる最新治療で、手術により元の健康な状態と同じ構造で組織を回復させる事ができます。


歯周病の進み方